2013年06月13日

地球の上に生きる2013「DAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展」



***************************************
☆☆ 地球の上に生きる2013
「DAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展in名古屋」 ☆☆
********************************************
日 時: 
7月12日(金)〜15日(月・祝)
10:00〜20:00(最終日は17:00まで)
場 所: 
名古屋国際センター4F 第1・2・3展示室(地下鉄桜通線「国際センター」駅下車すぐ。名古屋駅から東へ徒歩7分)
内 容: 
●13日(土)14:00〜16:00 第一研修室
「ともに考える『福島から避難して』」
  福島から避難している方々に、私たちができることは?ともに考えてできることを探してみませんか?私たちだって、ひょっとしたら・・・
●14日(日)14:00〜16:00 第一会議室
「原発事故の現実」講師:豊田直巳
  福島原発事故から2年、いまだに収束していない現場の様子と、被ばくしながら作業している人の存在を私たちは、どれほど、知っていることでしょう。事故直後から現地での取材を続けている豊田さんの話を聞きます。
●15日(月)14:00〜16:00
「憲法と秘密保全法と私たちの生活」講師:本 秀紀
  憲法を変えようとする動きと、秘密保全法で国民の知る権利に制限をかけようとする動き、知っていますか?私たちの生活は、どうなると思いますか?憲法と私たちの生活が実は密接に結びついていることを、本さんにわかりやすく話していただきます。

主 催: 
DAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展名古屋
参加 費: 
写真展500円(割引券持参の方は400円) 
講演会500円(前売なし)

・高校生以下は無料 ・チラシ下部に割引券がついています ・障がい者の方は無料 
連絡 先:【メール】v-nagoya アットdaysjapan.net 
備 考:
 写真展と並行して、講演会もやります。会期中、写真展に関する映画も上映します。 
 「チェルノブイリの写真」も展示します。27年前に起きたチェルノブイリの原発事故、今はどんな様子か知っていますか?広河隆一さんの長年の取材写真も展示します。福島事故のこれからを想像するきっかけになると思います。

最新情報はHPへhttp://www.geocities.jp/daysjapan_sc_nagoya/

★賛同金振込先(入場料のみでやっております。ぜひ、ご協力お願いします)
郵便振替
記号番号 00860−1−185915
加入者名 DAYS名古屋展実行委員会
posted by yuka at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

わたしたちができること


イラク戦争のときは、3〜4万人くらいのデモだったかな。だけど、当時の小泉首相は戦争に賛成し、自衛隊も派遣した。劣化ウラン弾を落とす側に立ってしまったことと、血だらけになったイラクの人々の写真を見たときの気持ちは今も忘れていません。

今の日本は、原発を再稼働し、軍事力としての核兵器を持つことをすすめています。(原子力基本法案は通過したので)

わたしはそれなりに色んな人に会い、考えて行動してきた人間ですので
いくつか提案したいと思います。


1、デモに参加する
→東京、福井、大阪などそこまで行けない場合は地元でなんとかやっていきましょう。

2、署名ネットに参加する
→署名活動があることを教えてくれる人とつながっておくことが意外に大事。

3、原発に反対してくれる地元議員を応援する、もしくは立候補させる
→再稼働反対署名した議員一覧
http://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/syomei/

4、再稼働に賛成している議員に投票しませんと言っておく
→再稼動反対議員はオトスンジャー
http://e.gmobb.jp/otosunjer/

5、原発推進派のものは買わない
→不買運動ってけっこう効果ありますよ。
東芝、日立、三菱あたりはもう絶対に買わない。

6、原発推進派にお金を預けない
→金融機関、保険会社の見直しを。

東京電力の大株主上位10位
http://blog.livedoor.jp/pfj_blog/archives/50630236.html
「関電さん、日本生命さん、なんでやねん?!再稼働
http://www.greenpeace.org/japan/ja/Action/nissay/#shareholders

わたしは昨日UFJ解約してきました。
地元の銀行でどこが賛成しているか確認しましょう。


7、無関心層と語らう
→まわりの友人、家族など何気なーく話してみてください。
たいてい間違った情報を信じているので「それ違うよ」と情報を伝えてください。自分の気持ちを伝えるというのが大切ですよ。
飲食店経営者の方は、原発トーク割引とか、ワンドリンクサービスとかしてみてください。

8、原発反対であることをアピールする
→メッセージ性のある服を着たり
「原発のない暮らし賛成の人、大歓迎!」と店の入口に張るなど。
ユニークさが求められますけど、生活に根ざして楽しみながらやってみてください。

9、原発推進派とSEXしない
→戦争に行く男たちを止める方法として古くからあるのですが、SEXストライキです。パートナーや夫は原発推進派であったら、別れるまでしなくても、意思表示になります。
posted by yuka at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

デモに行きませんか




関西では「節電がんばろうムード」だったけど、
再稼働のニュースを流れてからは
節電しなくてもいいかという雰囲気が流れ始めている。
経済界の圧力は相当なもの。



野田首相は消費税のことしか興味のない人だし、
今、出来ることは、
自分たちの手持ちや味方にいる人を最大限に活用するしかない。


再稼働容認している議員には「次の選挙では投票しません」と言い、

再稼動反対議員はオトスンジャー
http://e.gmobb.jp/otosunjer/


味方の議員には「反対してくれてありがとう」と言う。

再稼働反対署名した議員一覧
http://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/syomei/


反原発の活動はずいぶんと様変わりしてきた。
わたしは身分を隠して反対運動に関わってたけど
今は公表している。
今までのような閉鎖的な活動では輪が広がらないし、
私のような普通の主婦が参加できるように
おもしろく、わかりやすく、楽しくなるようにしなければ。

原発をなくそうとしているドイツですら2020年目標なので、
長期戦になりそうですが、、。



あと、とても深刻な問題があって、
情報格差がとてつもなく広がっていること。
原発に関することだけでも、正しい情報にふれられる人は限りなく少ない。
先月、家族に会ったときに、
私の父親が原発は大丈夫と言った。
テレビと新聞だけの情報ではこの程度の判断しかできません。
岐阜が核のゴミを埋める候補地であることも知りません。

玄海原発の周辺住民の健康被害についてルモンド(フランスの新聞)には載るけど、
佐賀には届かない。
情報が当事者に届かない状況がこれからも続く。

とくに、ネットもしない、地方の高齢層はNHKしかみていないので、
あっさり再稼働を容認したりする。
なので、原発のない暮らしを目指す運動をするときに
ネットにも頼らない方法で地域全体を巻き込んでいく必要がある。

デモも無関心層にはあまり響かないので、
メディアが流さないような情報をチラシ(orフリーペーパー)にして
ポスティングしていくという、ちょー地道な活動が必要になってくると思う。

この活動はお金も時間も体力も使うので、
よほどやる気のある人がその地域に居るかどうかに左右されるけど。

講演会やデモは来る人が限られてくるので、
最終的にはこの方法になるかと思う。


とにかくあきらめないことが一番で。
わたしは原発イヤですよ、と堂々と言い続けるしかない。



「原発反対の人は、原発なくしてどうしていくか全然言わない」とかいう人がいるけど、
めっちゃいろんな案がでてるのに、お前が知らないだけだ。
いままで、原発推進派にたくさん邪魔されてきて進んでこなかったのだ。
新聞やテレビだけに頼るな。
ネットができるからって、正しいすべての情報にふれられていると思うな。
次にどうするかを考えるときも、他人任せにするな。
自分の考えは自分で作れ。
自分の軸は自分で持て。
自分の未来は自分で守れ。


たくさんの「普通の良心」が集まれば必ず前にすすめるから。



タグ:原発
posted by yuka at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

☆☆ 地球の上に生きる2012 DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展in名古屋 ☆☆



毎年恒例の写真展のお知らせです。

都合の悪いものは展示してはいけないと、
他の写真展などは開催拒否されてるようですが、
今年も開催できることに感謝です。



講演会では、聾の方のために、パソコンテイクを取り入れたものもあります。


ぜひ、友人知人、かかわっているMLなどに情報を流して宣伝してください。

チラシも送らせていただきます。
また、会期中の会場当番も募集しています。


***************************************
☆☆ 地球の上に生きる2012
DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展in名古屋 ☆☆
********************************************
日 時: 7月13日(金)〜16日(月・祝)
10:00〜20:00(最終日は17:00まで)
場 所: 名古屋国際センター4F 第1.2.3展示室
内 容:
〇 第8回DAYS国際フォトジャーナリズム大賞の写真他報道写真展示。
真宗大谷派解放運動推進本部のご協力で、広島・長崎から福島までの
原爆・原発事故についての展示もします。
〇 講演会
★その1.「秘密保全法」
講師:水谷実(名古屋第一法律事務所)
7月13日(金)18:00〜20:00 第3研修室
★その2.「沖縄の基地はどうなる?」
講師:坂井満
7月14日(土)13:30〜15:00 第3研修室
★その3.「若者会議(話そう!聞こう!)」
ファシリテーター:杉山宙生
7月14日(土)15:00〜 第3研修室
★その4.「被ばく後のマーシャル諸島のこと、知っていますか?」
講師:中原聖乃(中京大学社会科学研究所 特任研究員)
7月15日(日)10:00〜12:00 第3研修室 *パソコンテイク有
★その5.「ジャーナリストとは何か」
講師:広河隆一(DAYS JAPAN編集長)
7月15日(日)14:00〜16:00 第1会議室 *パソコンテイク有
★その6.「世界の中心の狭間 中東」
講師:桐生佳子(RAWAと連帯する会)、安江塁(通訳サービス イルティバート)
7月16日(月・祝)14:00〜16:00 第3研修室
***
主 催: DAYS JAPANサポーターズクラブ名古屋
参加 費:
写真展500円(チラシについている割引券持参だと400円)
講演会500円
*高校生以下は無料 *障がい者の方は無料
備 考: 詳しくはHPでhttp://cdic.jp/days/

***************************************
 
posted by yuka at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

チェルノブイリ写真展



広河隆一のチェルノブイリ取材25年の中から
選り優った写真40枚を全倍サイズにした大型写パネルです。
どうぞご来館ください。
フクシマ原発震災写真(広河隆一取材)も並べています。


期間 5月29日から6月3日
    毎日10:00から17:00(最終日は15:00まで)

場所 名古屋市市政資料館3階 1・2展示室
     地下鉄名城線「市役所」下車 徒歩8分
       ウィルあいちの向かい

観覧料 無料

主催  チェルノブイリ26周年企画in名古屋実行委員会
posted by yuka at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

原発は不要


電力は足りている、原発再稼働は不用

media_httpup2pandorav_dAuFc.jpg.scaled1000.jpg
(クリックしたら拡大します)

関西の計画停電もいりません
posted by yuka at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

原発は必要か


ぜひご覧ください。



スイシンジャー 異形編
posted by yuka at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

PAC3の沖縄配備と三菱重工




PAC3の沖縄配備と三菱重工
http://blog.goo.ne.jp/awamori777/e/47801842e276f507cae3ceadab13668f
財政危機を声高に叫んで消費税率を上げようとする一方で、実際に撃ち落とせるかも分からないPAC3に約600億円もかけて、野田政権は沖縄配備を進めようとしているのである。
posted by yuka at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

どうする老朽化原発




かんさい熱視線「どうする老朽化原発」(NHK)


福島では、放射能にビールが効くというポスターが居酒屋に貼られているとか〜雨宮処凛



20キロ圏に数百〜千の遺体か 「死亡後に被ばくの疑い」
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011033101000278.html
福島第1原発事故で、政府が避難指示を出している原発から約20キロの圏内に、東日本大震災で亡くなった人の遺体が数百〜千体あると推定されることが31日、警察当局への取材で分かった。27日には、原発から約5キロの福島県大熊町で見つかった遺体から高い放射線量を測定しており、警察関係者は「死亡後に放射性物質を浴びて被ばくした遺体もある」と指摘。警察当局は警察官が二次被ばくせずに遺体を収容する方法などの検討を始めた。当初は20キロ圏外に遺体を移して検視することも念頭に置いていたが、見直しを迫られそうだ。

 警察当局によると、高線量の放射線を浴びた遺体を収容する際、作業する部隊の隊員が二次被ばくする可能性がある。収容先となる遺体安置所などでも検視する警察官や医師、訪問する遺族らに被ばくの恐れが生じる。

 遺体は最終的に遺族か各市町村に引き渡すことになるが、火葬すると放射性物質を含んだ煙が拡散する恐れがあり、土葬の場合も土中や周辺に広がる状況が懸念される。

 警察当局は現場での除染や検視も検討しているが、関係者は「時間が経過して遺体が傷んでいるケースは、洗うことでさらに損傷が激しくなり問題だ」と指摘している。

 身元確認のため、遺体から爪だけを採取してDNA鑑定する方法もあるが、爪も除染する必要があり、かなりの手間と時間がかかるという。

 27日に、大熊町で見つかった遺体は、除染が必要な基準の一つである10万cpm(cpmは放射線量の単位)まで計ることができる測量計の針が、振り切れる状態だったという。このため福島県警の部隊は遺体の収容を断念している。

2011/03/31 14:02 【共同通信】





イスラエル/ベドウィンのコミュニティを強制移転させる計画を中止すべき


posted by yuka at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

東電と勝俣会長らを公害罪法違反で特捜部に告発





中央値に騙されるなー4ベクレル40分の1という数字のマジック
>>1月19日付、朝日新聞朝刊1面で、目に入ったのが「福島1日の食事4ベクレル」。


1千万の借金背負い「高学歴ワーキングプア」の仕事さえ失いかねない若手研究者


河北新報 東北のニュース/汚染焼却灰「記念品だ」 福島・塙町長が東電に手渡す


東電と勝俣会長らを公害罪法違反で特捜部に告発 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
東京電力福島第一原子力発電所事故を巡り、市民団体「三陸の海を放射能から守る岩手の会」のメンバーら10人が24日、東電と勝俣恒久会長ら事故当時の役員3人について「人の健康に係る公害犯罪の処罰に関する法律」(公害罪法)違反容疑で、東京地検特捜部に告発状を送付した。


 告発状では、原発事故で多数の人たちを被曝させ、甲状腺がんなどの健康被害が発生する可能性を大きくさせた、などとしている。

(2012年1月24日20時59分 読売新聞)
posted by yuka at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

放射性物質放出量 やや増える




原発賠償1万人規模で申し立てへ
南相馬市小高区の住民ら
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20120124000098
東京電力福島第1原発事故で、警戒区域に指定された福島県南相馬市小高区の住民らが24日までに、東電による損害賠償が足りないとして、政府の原子力損害賠償紛争解決センターに和解の仲介手続きを集団で申し立てることを決め、準備を進めている。関係者によると、申し立ては1万人を超える見通しで、実現すればこれまでで最大の規模となる。

 小高行政区長会連合会によると、小高区からは約3800世帯、約1万2800人が県内外に避難している。

 東電は、原発事故の避難に伴う精神的損害として、1人当たり月額10万〜12万円を示しているが、住民らは、月額35万円の慰謝料などを求める。(共同通信)



福島の幼稚園、東電に6億円請求 原発事故で - 47NEWS(よんななニュース)





NHKニュース 放射性物質放出量 やや増える
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120124/k10015482941000.html


東京電力福島第一原子力発電所では、放出している放射性物質が事故のあと減る傾向が続いていましたが、事故の収束作業で放射性物質が舞い上がったため、1時間当たりの放出量が先月の6000万ベクレルから今月は7000万ベクレルと、やや増えたことが分かりました。一方、原発の敷地境界付近での新たな放出による被ばく量については、先月と今月で大きな変化はないとしています。
東京電力は、福島第一原発の1号機から3号機から放出されている放射性物質の量を原子炉がある建物の付近で放射性物質の濃度を測るなどして試算しています。東京電力によりますと、放出量は、去年3月の事故直後には1時間当たりおよそ800兆ベクレルでしたが、その後は減少傾向が続き、去年11月と12月の値は、事故直後のおよそ1300万分の1に当たる1時間当たり6000万ベクレルになっていました。ところが東京電力が今月の試算をしたところ、1時間当たり7000万ベクレルと、やや増えたことが分かりました。東京電力は、増えた原因について「2号機の格納容器に内視鏡を入れる作業で多くの作業員が建物に出はいりするなどして放射性物質が舞い上がったためだ」と説明しています。一方、原発の敷地境界付近での新たな放出による被ばく量については、先月と今月で大きな変化はないとしています。

posted by yuka at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

玄海原発周辺で白血病が増加 全国平均の6倍




玄海原発周辺で白血病が増加 全国平均の6倍
「原発5キロ圏内で子どもの白血病が倍増」 フランス国立保健医学研究所が国際誌にて発表/ルモンド紙(1月12日)



3月12日のNHKニュースは燃料棒露出を報じようとして中断
0:46から「いまの使っちゃいけないんだって」とデレクターら-しき声が入ってる



*********************


NHKニュース 政府の原災本部 議事録を作らず
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120122/k10015450241000.html

東京電力福島第一原子力発電所の事故を巡って、避難区域や除染の方針など重要な決定を行ってきた政府の「原子力災害対策本部」の議事録が作成されていなかったことが分かりました。専門家は「将来同じ失敗を繰り返さないようにするための財産が失われたという意味で、国民的な損失だと思う」と指摘しています。
政府の原子力災害対策本部は、総理大臣を本部長とし、経済産業大臣をはじめ全閣僚をメンバーとするもので、原発事故当日の去年3月11日に設けられ、避難区域や除染の基本方針、農作物の出荷制限など原発事故を巡る重要な決定を行ってきました。NHKで、去年11月、それまでに開かれた21回の会議について「議事録や内容をまとめた資料など」の情報公開請求を行ったところ、公開されたのは、議題を記した1回の会議について1ページの「議事次第」だけで、議論の中身を記した議事録は作成されていなかったことが分かりました。NHKの取材に対し、原子力災害対策本部の事務局を務めている原子力安全・保安院の担当者は「業務が忙しく議事録を作成できなかった」と説明しています。公文書管理法は、国民への説明義務を果たすとともに政府の意思決定の過程を検証できるようにするため重要な会議の記録を残すよう定めており、公文書の管理を担当する内閣府は、原子力安全・保安院の担当者から聞き取りを行うなど経緯を調べています。原発事故への対応を巡っては、東京電力と政府が合同で事故対応を検討した「事故対策統合本部」でも主要な会議の議事録が作成されていなかったことが分かっており、内閣府は、この経緯についても調べています。

公文書の管理や情報公開制度に詳しい名古屋大学大学院の春名幹男特任教授は「政府の重要な立場にあった人たちは、記録を残さないと責任を果たしたことにはならない。今回は、自分たちの失策がそのまま記録されると困るので、あえて記録を残さなかったと思われてもしかたない。将来同じ失敗を繰り返さないようにするための財産が失われたという意味で、国民的な損失だと思う」と指摘しています。


****************************





原発推進:11大学に104億円 国と企業が提供 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/life/edu/news/20120122k0000e040113000c.html

東京大や京都大など11国立大学の原子力関連研究に対し、06〜10年度、国や原子力関連企業などから少なくとも104億8764万円の資金が提供されたことが、毎日新聞の集計で分かった。規模の大きな大学は毎年、数億円規模で受け取っている。「原子力推進」に沿う限り、研究資金を安定的に得られる仕組みで、大学が国策に組み込まれている構図が鮮明になった。

 各大学への情報公開請求で得た資料を分析した。原子力関連の研究室や研究者が、受託研究▽共同研究▽奨学寄付金▽寄付講座−−の形で、国、日本原子力研究開発機構などの政府系団体、電力会社や原子力関連企業から受け取った金額を集計した。未公開部分もあるため、実際にはもっと多いとみられる。

 ほとんどは受託研究が占め93億円。特に国からの委託は高額で、文部科学省が福井大に委託した「『もんじゅ』における高速増殖炉の実用化のための中核的研究開発」(5億1463万円、10年度)など億単位も目立つ。

 共同研究は総額4億1083万円。企業側が数十万〜数百万円を負担することが多い。

 奨学寄付金は総額2億1822万円で、研究者が自由に使えるケースも多い。

 個人別で最多だったのは、福島第1原発事故直後、当時の菅直人首相から内閣官房参与に任命された有冨正憲・東京工業大教授で1885万円。有冨氏は「持病があり、学会などで海外渡航する際にエコノミークラスが使えず、旅費がかさむ。その点を配慮してくれているからでは」と話す。

 企業からの寄付が研究結果をゆがめる恐れについては、「気をつけている。私は安全評価より開発研究が中心で、問題は生じないと思う」と話した。

 一方、原発の危険性に警鐘を鳴らし続けてきた京都大の小出裕章、今中哲二の両助教には、「原子力マネー」の提供はなかった。

 寄付講座は4大学が電力会社などの寄付で開設し、総額4億9100万円だった。

 大学別では、京都大33億640万円、東京大25億5895万円、東京工業大16億7481万円の順だった。【日下部聡】



posted by yuka at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

原発「関西が最も危険」 老朽と金属劣化、研究者指摘




原発「関西が最も危険」 老朽と金属劣化、研究者指摘(北海道新聞)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/dogai/344941.html

福井県内にある原発7基の再稼働差し止めを滋賀県の住民らが求めた大津地裁の仮処分審で「材料や機器劣化による原発事故の危険性は関西エリアが最も高い」とする井野博満東大名誉教授の意見書を住民側が提出することが20日、訴訟関係者への取材で分かった。

 井野氏は意見書で、原子炉の健全性を評価するため圧力容器内に置かれた試験片の耐性を分析。「最も劣化が進んだ九州電力玄海原発1号機(佐賀県)に次ぎ、全国でワースト2〜6が福井県に集中している」と指摘し、事故があれば近接する関西地方が大きな被害を受ける可能性を示した。


*****************************


東京新聞:東海第二、今度はひび割れ66カ所:茨城(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20120120/CK2012012002000064.html

日本原子力発電(原電)は十九日、東海第二原発(東海村)の原子炉圧力容器内で燃料集合体を覆っている金属製カバーの台座に六十六カ所のひび割れが定期検査で見つかったと発表した。個数や状態が原電の安全基準値内にとどまっており、問題ないとしている。
 原電によると、台座のひび割れは二〇〇五年の定期検査で三カ所見つかり、一〇年の前回検査では四十カ所見つかっている。原電は同年、ひび割れの数(三百六十カ所以内)や深さ、方向から台座と金属製カバーの安全性を判断する基準を設けた。

*****************************

もんじゅ:制御棒、一時動かず 原子力機構、原因究明へ 「安全上致命的」指摘も /福井 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/area/fukui/news/20120121ddlk18040595000c.html

日本原子力研究開発機構は20日、停止中の高速増殖原型炉「もんじゅ」(敦賀市)で昨年末から、原子炉内の核分裂を抑える制御棒19本のうち2本が一時的に動かないトラブルがあった、と発表した。既に復旧したが、原子力機構は制御棒を駆動させる装置に原因があるとみて、メーカーに送って調べる方針。経済産業省原子力安全・保安院は同日、2月中に原因究明するよう原子力機構に指示した。

 もんじゅの制御棒は、運転中の出力調整に使う13本と、炉内の出力に異常があったときに緊急用に使う6本があり、今回のトラブルはこの6本のうちの2本。

 原子力機構によると、先月12日の点検中に制御棒1本が動かないことが分かった。昨年11月に駆動装置を取り付け直しており、ケーブルをつなぎ直すなどして2日後に復旧させた。他の駆動装置を点検したところ、もう1本が動かないことが分かった。

 制御棒の駆動装置はいずれも90年に設置され、これまでトラブルが起きたことはなかったという。原子力機構は「制御棒はすべて原子炉に挿入された状態で、安全上の問題はない」としている。

 しかし、もんじゅに関する著書がある元京都大原子炉実験所講師の小林圭二さんによると、商業用の軽水炉では原子炉内の出力を制御棒と炉内の水のホウ酸濃度で調整することができるが、もんじゅは水の代わりにナトリウムを使用し、ホウ酸は使えないため、制御棒だけで出力を抑える必要がある。小林さんは「もんじゅにとって、制御棒のトラブルは安全上、致命的だ」と指摘している。【柳楽未来】


*****************************


柏崎刈羽原発:制御棒1本の動作が不良 /新潟 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/area/niigata/news/20120121ddlk15040113000c.html

東京電力は20日、柏崎刈羽原発の運転中の5号機で制御棒の動作確認をしたところ、1本がプログラム通りに操作できなかったことを発表した。緊急停止の機能は確保されており、安全上の問題はないとしている。

 制御棒は、挿入することで核分裂の反応を抑え、原子炉の出力を調整する。安全上重要な機器であるため、東電は週1回、運転中の号機で制御棒の動作確認をしている。

 17、19の両日、計185本の制御棒を1本ずつ、引き抜いた状態から約15センチ挿入する動作をしたところ、19日に実施した1本が約15センチの位置で止まらず約1・68メートルも挿入された。東電はこの1本を安全のため約3・7メートルすべて挿入(全挿入)した。19日に確認対象だった他の91本は、20日中に動作を確認する。

 この1本は今月25日の定期検査まで全挿入で運転を続ける。これにより出力が約3万キロワット低下し、5号機の出力は約103万キロワットとなる。東電は定期検査中に原因を調査する。【宮地佳那子】



*****************************


美浜原発2号機停止 原因は溶接部に割れ 福井 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120121/fki12012102240004-n1.htm

 美浜原発2号機(美浜町)で加圧器の圧力を調整する弁から1次冷却水が漏れ昨年12月に手動停止したトラブルで、関西電力は20日、冷却水漏れを防ぐ金属製部品の溶接部に割れが見つかったと発表した。発生原因について詳しく調べている。

 蛇腹状の部品で割れは全周に渡っていた。1次冷却水は部品の内部を伝わり、漏洩水回収用の配管に達したらしい。

 もう1系統ある加圧器の弁でも、同じ金属部品で割れが見つかった。いずれも平成22年の定期検査で交換していた。



*****************************

志賀原発1号機 作業ミスで保安規定に抵触
http://www2.knb.ne.jp/news/20120120_31037.htm

北陸電力は20日、定期検査中の志賀原発1号機で作業員が原子炉の出力計測装置の点検作業中に手順を誤り、警報が25秒間点灯したと発表しました。

 作業員や外部への放射能の影響はないということです。

 北陸電力によりますと20日午前、作業員が原子炉の出力計測装置を炉心から引き抜いて検査した際、手順を誤り、中央制御室の警報が復旧するまでの25秒間点灯したということです。

 作業員や外部への放射能の影響はないということです。

 北陸電力では20日のうちに、ミスは原発管理のルールとして国へ提出した保安規定の「一時的に運転上の制限を満たしていない状態」に該当するとして、国などへ報告しました。



posted by yuka at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

福島第1原発:最悪シナリオ封印 菅政権、なかったことに




福島の子の医療費無料化を断念 首相、財源困難と判断  朝日新聞


原発教育、事故後も交付金 辞退の自治体相次ぐ
http://www.asahi.com/edu/news/OSK201201210141.html

原子力の研究、利用の推進を目的に学校教育を支援する国の「原子力・エネルギー教育支援事業交付金」が、東京電力福島第一原発の事故後も、各自治体に交付されている。東北の被災地からは「県民の理解が得られない」などとして交付辞退の動きが出ているが、文部科学省は2012年度も交付額の3割以上を原子力関連にあてる方針。総額3億1千万円の交付を予定している。

 交付金は学校現場の「都道府県が実施する原子力・エネルギー教育、高校での原子力人材の育成」を支援。11年度は宮城、神奈川、愛知、大阪、香川、鹿児島など30府県に約2億7千万円が交付される。

 福島県は06年度から交付金を受け、小中学生が毎年、福島第二原発エネルギー館(富岡町、閉館)を見学。原発の内部を体感できるサイエンスシアターなどで原子力の仕組みを学んだ。11年度も交付申請していたが、震災後に取り下げた。




アイヌ民族党発足 代表に萱野氏、参院選候補選定へ(北海道新聞)



福島第1原発:最悪シナリオ封印 菅政権、なかったことに
http://sp.mainichi.jp/m/news.html?cid=20120122k0000m010073000c

東京電力福島第1原発事故で作業員全員が退避せざるを得なくなった場合、放射性物質の断続的な大量放出が約1年続くとする「最悪シナリオ」を記した文書が昨年3月下旬、当時の菅直人首相ら一握りの政権幹部に首相執務室で示された後、「なかったこと」として封印され、昨年末まで公文書として扱われていなかったことが21日分かった。複数の政府関係者が明らかにした。
 民間の立場で事故を調べている福島原発事故独立検証委員会(委員長・北沢宏一前科学技術振興機構理事長)も、菅氏や当時の首相補佐官だった細野豪志原発事故担当相らの聞き取りを進め経緯を究明。(共同)


posted by yuka at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

密室審議のストレステスト意見聴取会





1.18ドキュメント〜密室審議のストレステスト意見聴取会について レイバーネット





福島第1原発:非常用電源外れ 東電が事故まで4カ月放置 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120119k0000e040197000c.html

東京電力は19日、福島第1原発で原子炉の状況を監視する国の装置の非常用電源が4カ月間外れ、昨年3月の同原発の事故まで放置されていたと発表した。事故後2時間ほど原発の状況を示すデータが送信できていなかったといい、事故の初期対応や放射性物質の拡散予測に影響した恐れがある。

 非常用電源が外れていたのは東電の「メディアコンバーター」(MC)という装置で、原発の状況を監視する国の「緊急時対策支援システム」(ERSS)にデータを送る。そのデータは、緊急時迅速放射能影響予測システム(SPEEDI)に送信、放射性物質の拡散予測に使われる。

 東電によると、事故前の10年11月、設備更新工事で、MCを非常用電源につなごうとしたが、ケーブルが短かったため接続できず、その後もそのままになったという。

 その結果、ERSSは東日本大震災で原発の外部電源が喪失した11年3月11日午後2時47分ごろ、データ送信が止まった。通信網は余震で同日午後4時43分ごろにダウンしており、非常用電源が外れていなければその間はデータ送信ができた可能性が高いという。

 東電の松本純一原子力・立地本部長代理は記者会見で「伝送できなかったのは初期段階のデータで、SPEEDIへの影響は少ないと推定している。緊急性が高いと思っていなかった」と釈明した。

 ERSSは、全国の原発の原子炉格納容器を監視して、事故の展開を予測する。国が155億円を投じて開発した。【奥山智己】

毎日新聞 2012年1月19日 12時59分(最終更新 1月19日 13時12分)




posted by yuka at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

福島の食事、1日4ベクレル 被曝、国基準の40分の1



ヤメ記者弁護士の予想によれば、衆議院比例定数80削減を実施すると、
共産党は9名から4名に、社民党は4名からゼロになる。




福島の食事、1日4ベクレル 被曝、国基準の40分の1
http://www.asahi.com/national/update/0118/TKY201201180799.html


家庭で1日の食事に含まれる放射性セシウムの量について、福島、関東、西日本の53家族を対象に、朝日新聞社と京都大学・環境衛生研究室が共同で調査した。福島県では3食で4.01ベクレル、関東地方で0.35ベクレル、西日本でほとんど検出されないなど、東京電力福島第一原発からの距離で差があった。福島の水準の食事を1年間食べた場合、人体の内部被曝(ひばく)線量は、4月から適用される国の新基準で超えないよう定められた年間被曝線量の40分の1にとどまっていた。

 調査は昨年12月4日、全国53家族から家族1人が1日に食べた食事や飲んだものをすべて提供してもらい行った。協力家族の居住地は、福島県が26、関東地方(群馬・栃木・茨城・千葉・埼玉・東京・神奈川)が16、中部(長野・愛知・岐阜・三重)、関西(大阪・京都)、九州(福岡)など西日本が11。普段通りの食材で料理してもらった。福島では、地元産の野菜などを使う人が多かった。

 1日の食事から取り込むセシウムの量は、福島県内に住む26家族で中央値は4.01ベクレルだった。この検査法で確認できる値(検出限界)以下の正確な値がわからないため、平均値ではなく、検出値を順に並べて真ん中に当たる中央値で分析した。

 この食事を毎日1年間、食べた場合の被曝線量は0.023ミリシーベルトで、国が4月から適用する食品の新基準で、超えないよう定めた1ミリシーベルトを大きく下回っていた。福島でもっとも多かったのは、1日あたり17.30ベクレル。この水準でも年間の推定被曝線量は0.1ミリシーベルトで、新基準の10分の1になる。原発事故前から食品には、放射性のカリウム40が含まれており、その自然放射線による年間被曝線量は0.2ミリシーベルト(日本人平均)ある。セシウムによる被曝線量はこれを下回った。

 調査した京都大医学研究科の小泉昭夫教授は「福島のセシウム量でも十分低く、健康影響を心配するほどのレベルではなかった」と話している。


posted by yuka at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

新潟知事「福島原発事故の検証をせずストレステストに意味あるのか」





新潟知事「福島原発事故の検証をせずストレステストに意味あるのか」


中電島根原発、27日全停止 - 中国新聞



原発運転、最長60年 「原則40年」に例外規定
http://www.asahi.com/national/update/0117/TKY201201170396.html

原子力の新たな安全規制体制を検討している内閣官房の準備室の荻野徹副室長は17日会見し、原発の運転期間を原則として40年に制限する原子炉等規制法の見直しについて、例外的に認められる延長の期間は最長20年までとする方針を明らかにした。同法案が通常国会で成立すれば、原発は最長60年で廃炉になる。

 原発の運転期間については、細野豪志原発相が6日の会見で「原則40年」とする一方、例外的に延長の可能性を残したことについて「40年以上の運転はきわめてハードルが高くなった。認められるのは極めて例外的なケース」と述べていた。地元自治体には、この発言と今回の発表との整合性を疑う見方がある。細野氏は現在、海外訪問中だ。

 荻野副室長によると、原子力事業者が延長を希望する場合は、環境省の外局として4月に発足する原子力安全庁(仮称)に申請する。申請は1回限りで、安全庁が施設の老朽化や事業者の技術能力を審査する。基準を満たしたと判断すれば延長を認める。「40年運転、20年延長」は米国など世界の潮流を参考にしたという。



posted by yuka at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

拡散予測先に米軍へ 住民公表9日遅れ




田中優さんおすすめの食品の放射能検査データ>>>>財団法人 食品流通構造改善促進機構


時事ドットコム:福島産米、偽装し販売=最大85トン、給食用も流用−仙台


東京新聞:拡散予測先に米軍へ 住民公表9日遅れ:社会(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012011702000021.html

 文部科学省の渡辺格科学技術・学術政策局次長は十六日、福島第一原発から放射性物質がどう拡散するか緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)による試算結果を、事故直後の昨年三月十四日、外務省を通じて米軍に提供していたことを明らかにした。
 試算結果が公表されたのは、米軍への提供より九日も遅い三月二十三日のことだった。公表が遅れたため、住民の避難が遅れ、放射性物質が拡散する方面に避難した人もおり、無用の被ばくを招いたと批判されてきた。その一方で、米国側には早い段階で連絡していたことになる。
 十六日に開かれた国会の事故調査委員会で、委員からの質問に答える形で、渡辺氏が明らかにした。
 渡辺氏は「(事故対応を)米軍に支援してもらうためだった。公表という認識ではなかった。(住民ら国内への公表は)原子力災害対策本部で検討しており遅くなった」と釈明した。



中越地震のときに柏崎原発構内で亀裂が走ったり火災が起きたのに
地震のことに触れずに安全だなんて言えるの?>
津波15メートルでも安全=柏崎1、7号機−東電、初の耐性評価



posted by yuka at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

名古屋での田中優さんと山本太郎さんの対談の動画






汚染コンクリ、100社以上に出荷の疑い(読売新聞) - Y!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120116-00000407-yom-soci

 福島県二本松市の新築マンションに放射性物質に汚染されたコンクリートが使われていた問題で、原料になった同じ砕石が、県内の生コン会社2社を通じ、建設会社など100社以上にコンクリートとして出荷された疑いのあることが、経済産業省の聞き取り調査で分かった。

 同省が出荷先の特定を進めている。

 砕石は、富岡町の採掘会社が浪江町の阿武隈事業所の採石場で採ったもので、採掘会社の社長(50)は16日朝、郡山市内の事業所で記者会見し、生コン会社以外にも、建設会社など17社に出荷していたことを明らかにした。一部は、県内の農場やゴルフ場などで土木工事に使用されているという。昨年4月11日に計画的避難区域の設定が政府から発表された後も砕石の出荷を続けたことについて、社長は「放射能に関する知識がなく、正直『何で住んじゃいけないの』という程度の感覚だった」と釈明した。


*************


脱原発世界会議:5000人参加−−横浜 - 毎日jp(毎日新聞)


就任したばかりの田中直紀防衛大臣が、辺野古新基地建設の年内着工を目ざす、と発言している。

厳しい質問、意見相次ぐ 東電の損害賠償説明会〜一関|岩手日日新聞社

記者の目:低線量被ばくの健康影響評価=久野華代 - 毎日jp(毎日新聞)




昨日の名古屋での田中優さんと山本太郎さんの対談の動画
4号機の話や、どの食品を気をつけるべきかお話しされています。



posted by yuka at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。